このページの先頭です

デートで失敗する人は多い?婚活から次につなげるためのポイント

948views

投稿日:

デートでうまくいかないと感じてしまう人は多い

いざ婚活を初めても、様々な壁にぶつかることがあります。良い相手を見つけてもうまくデートに誘えない場合や、デートに誘っても失敗してしまうケースは珍しくないものです。

デートをしてから音信不通になるなど、連絡が取れない状態になれば、精神的なダメージも大きいでしょう。結婚相談所経由で断りの連絡が来るケースも少なくありません。最初が肝心であることを認識し、気を引き締めて挑む必要があります。

デートがうまくいかない理由の大半は、デート慣れしていないことが原因です。デートをするのであれば事前にコミュニケーションをとり、相手がどのような趣味をもっていて、どのように生活しているのかを知っておく必要があります。

知らない場所に飛び込んで楽しめる人は珍しいので、できるだけ相手に合わせたプランを立てるようにしましょう。男女どちらがリードしなければならないというルールはありません。積極的に提案していきましょう。

ただし、デートの打ち合わせ中、場所と日程のすり合わせの時点で、こちらの性格や時間の感覚を判断される場合もあるので気を付けてください。仕事が忙しいからと自分の都合を優先すると、マイナスの印象を与えやすいです。

逆に、仕事よりも相手を優先する姿勢を見せると好感を得やすくなります。相手を大切にしている姿勢や、興味があるという態度を積極的に示していきましょう。

また、デート内容は無理に色々な要素を詰め込みすぎないことが大切です。初デートであればなおさらで、お互いにまだよく知らない相手と行動を共にするわけですから、精神的に疲れてしまいます。「楽しかったら延長する」くらいのつもりで、余裕をもったスケジュールを組んだ方が良いのでしょう。

精神的な余裕が結婚したいと思わせるポイントにつながる

年齢によって、デートでアプローチすべきポイントは変わってきます。自分が年下で、相手の方が収入が上であれば、甘えてしまうのも手です。ただし、甘えすぎると結婚する相手として相応しくないと思われる可能性もあるので気を付けてください。

また、婚活市場で出会える人は異性慣れしていないことが多く、人を甘やかすこと自体が苦手な場合もあります。相手に足りない部分は自分で補うか、言葉で誘導しないとうまくいかないケースも多いです。デートでリードしてもらおうとしても、お店の候補などが少ない場合もあるので、理解しておかないとトラブルの原因となるでしょう。

自分の方が年上であれば、精神的な落ち着きを武器にしていく方が有利です。年齢が高くなってもなお、若い子のように甘えた仕草や言動をしてしまうと、精神的に成長していない人間だと思われてしまいます。

ある程度親しい仲になれば問題ないかもしれませんが、最初のデートでは危険です。結婚したいと思うのであれば、しっかりと「大人の価値観を身につけた人間」であることをアピールした方が良いでしょう。

ポイントとなるのが、むやみに怒らないことです。すぐに怒ったり、物事を否定する人は精神的な余裕がない人間だと思われます。特に子供が欲しいと思っている男性は、相手の女性の態度から、どんな子育てをするのか判断しようとする人もいます。

すぐに機嫌が変わってしまうような人間では、感情の制御自体が出来ない人だと思われてしまい、結婚候補からは外れてしまうでしょう。大人の女性には、年齢に見合った態度を求められるのです。

反対に、相手が感情的過ぎる場合も、婚活の対象から外すのがおすすめです。相手の言動に振り回されて疲れてしまい、様々な活動に影響を与えるようでは本末転倒になります。精神的な余裕のある人は、男女ともに魅力的に映るものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。