このページの先頭です

どうすればいい?婚活がうまくいかない人の原因と対策

638views

投稿日:

婚活方法が間違っているかもしれない

あなたに合わない婚活方法の可能性

婚活といっても、様々な方法があります。知り合いに異性を紹介してもらったり、婚活パーティに参加したり、マッチングアプリを使用したり、結婚相談所に登録したりと、選択肢は豊富です。

もし、あなたがいくら婚活を頑張っても上手くいかないのだとしたら、それはあなたが今取り組んでいる婚活方法があなたに適していない可能性があります。

二人きりでお互いの話を色々した方が異性と仲良くなりやすい人が、大人数の婚活パーティに参加しても、効率が良いとはいえません。内気な性格で、まずはじっくりメールや電話のやり取りで仲を深めていきたい人は、結婚相談所を利用するよりも、マッチングアプリで連絡を取り合うところから始めた方が適していることもあります。

また、年齢も関係しています。20代のユーザーが多いマッチングアプリでは、アラフォー以上ではどうしても不利になってしまいます。あなたの性格やタイプ、年齢に合わせた婚活方法を再検討してみましょう。

だらだら婚活をしてしまっているとうまくいかない

婚活は、時間をかければ成功するものではありません。良い相手にすぐに巡り合い、デートをして速攻で婚活が終わってしまう人もいれば、何年も婚活を続けていても、うまくいかないという人もいます。だらだら期間を伸ばし続けることで、かえって着地点を見失っている人もいるでしょう。

アラサーで始めた婚活が、気づけばアラフォーになっているというパターンも、実は珍しくないのです。こういった事態を回避するために、婚活は期限を決めて、そのスケジュールで集中して取り組む方が、成功率を上げやすいです。

真剣度も増しますから、相手にもあなたの本気度が伝わり、仲が深めやすくなります。また、集中するほどあなた自身の魅力も発揮されやすくなるでしょう。

理想が高くなりすぎってしまっている可能性

婚活を続けているうちに、つい理想が高くなりすぎてしまっている人もいます。特に、アラフォー以降である程度経験を重ねて来ると、理想が凝り固まってしまうケースが多いのです。初めてのデートの時点で、自分の求めているボーダーに達していなければ、すぐに連絡を取らなくなってしまう人もいます。

しかし、結婚はゴールではなく、これから長く続いていく結婚生活のスタートラインです。デートを重ねていくうちに、相手の良いところが見えてきて、結婚したいという気持ちが強まることもあるでしょう。

せっかくここまで続けたのだから、という気持ちが先行して、年収やルックス、家柄や性格など、色々な理想が高くなりすぎてしまっていると、婚活がなかなかうまくいかない場合があります。

あなた自身を見つめ直してみる

ネガティブ思想になっているかもしれない

婚活がうまくいかないと、つい思考回路がネガティブになってしまう人がいます。結婚したいという気持ちはあるものの、良い相手に巡り合えないと、気落ちしてしまうのは無理もないでしょう。しかし、たとえデートをして失敗したとしても、今回の相手とはご縁がなかっただけだと、切り替えられるようにしてください。

どうせ自分なんてダメだから、という気持ちになってしまうと、疲れてつい下向きになってしまい、あなたの本来の魅力も、見えにくくなってしまうでしょう。あなたの良いところを知ってもらうためには、まずあなた自身がその魅力に自信を持たなければいけないのです。

振り返りのタイミングを作る

婚活がうまくいかないからといって、闇雲に外に出続けるだけではいけません。婚活には復習も重要な要素になって来ます。条件は理想通りだったのに、なんとなくその気になれなかったり、デートは楽しかったのに、疲れを感じたという経験はあるでしょう。

今回の婚活を振り返るために、日記をつけたり、ゆっくり考える時間を作ったりするのがおすすめです。特に、婚活疲れに陥ってしまった人は、一度ゆっくり休みながら、これまでの活動の記録を見直してみるのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。