このページの先頭です

婚活成功のカギはデートにあり!相手の印象に残るデート中の行動4つ

1250views

投稿日:

婚活デートで好印象を与える

婚活の一環としてデートをするなら二人で楽しい時間を過ごすだけでは十分とはいえません。デートは楽しくするものではありますが、最終的なゴールが結婚にあるのですからデートを楽しんだだけで満足していてはその先に進むことはできません。

婚活デートではデートそのものを楽しむだけではなく相手に良い印象を与えることが大切です。婚活の一環なのですからデートは目的ではなく手段に過ぎません。

映画がつまらなかったり人が多すぎて美術館で展示物がちゃんと見られなかったりなどデートそのものは失敗だったとしても、その思いを共有することに成功し一緒に過ごした時間で好ましい印象を与えることができれば婚活としては大成功です。

印象を良くすることだけを考えて一緒の時間を過ごすのは考えものですが、相手に与える印象を一切考えないのも婚活としては問題です。デートを自然に楽しみつつ自然な振る舞いの中で相手の印象に残る行動ができるよう心がけましょう。

婚活デートで相手の印象に残る行動

さりげない気配り

レストランでメニューを取って相手に渡す、扉を開けて相手が通るまでおさえておくといったちょっとした気配りは印象アップに効果的です。さりげないちょっとした気配りだからこそできる人とできない人とで印象に大きな差が生まれます。

気配りが自然にできる人はすべての行動がスマートに見えるので結婚相手としての評価はアップ、一緒にいて気持ちのいい時間を過ごせる人だと印象づけられるでしょう。

ただし、押し付けがましい気配りは逆効果です。気配りというのは相手にそうと諭されないよう自然にやるからこそ価値があるもので、いかにも「私は気配りができます」とアピールするような態度はかえって印象を悪くする可能性があります。

気配りのコツは自分がやってもらったら嬉しいと思うことを相手にすることです。気配りといっても何をすればいいのかわからない、という人はそのシーンで自分がやってもらったら嬉しいことは何かを考えて行動しましょう。大げさなことをする必要はありません。ちょっとしたことに目を向けて気配りを忘れないようにしてください。

笑顔

笑顔は相手に好印象を与えます。フラットな感情で浮かべる表情というのは本人にとっては自然でも周囲から見ると怒っていたり不機嫌であると思われることが多く、意識して笑顔を浮かべることでデートが楽しく一緒にいて嬉しいというアピールにもつながります。

笑顔は重要なコミュニケーション手段でもあります。好印象を持っていることを相手にきちんと伝えるには目があったときにニッコリと笑顔を浮かべると効果的です。目があったらとりあえず笑顔になる、という行動だけでも好感度は確実に上がります。

姿勢を正しく

正しい姿勢で行動する人は堂々として頼もしい印象を受けます。デートのときは常に見られていることを意識し、背すじをのばし正しい姿勢をキープすることを心がけましょう。姿勢が正しいとそれだけで若く健康的に見られ、誠実で結婚相手としてふさわしいイメージを演出できます。

へそを中心に体の中心線を意識し肩をやや後方に引き下げるようなイメージで背すじをまっすぐにのばしておくと自然な感じで正しい姿勢をつくれます。

丁寧で誠実な態度

デート中は丁寧で誠実な態度を心がけましょう。丁寧で誠実な態度はデート相手に向けるだけではありません。食事をするレストランの店員や施設のスタッフなどにもデート相手にするのと同じように丁寧な態度でコミュニケーションしてください。

店員やスタッフを下に見て横柄な態度を取る人を見かけますが、相手を見て態度をかえるような人物は結婚相手として嫌われます。どんなに誠実に見えても店員に対する横柄な態度を見て幻滅されるケースは少なくありません。どんな相手にも敬意を忘れず丁寧で誠実な態度で接してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です