このページの先頭です

2回目の婚活デートを成功させたい男性が心がけるべきことについて

409views

投稿日:

2回目の婚活でデートを成功させるために

できれば2週間以内に2回目のデートをする

1回目のデートから間が空き過ぎてしまうと気持ちがさめてしまいがちです。できれば1回目のデートから2週間以内に2回目のデートを行うようにしましょう。とはいえ、都合が合わないようならば無理をしてはいけません。無理に誘うとかえってマイナス印象を与えてしまいます。

1回目のデートと違う場所でデートをする

1回目のデートが盛り上がったからと言って、2回目も同じようなデートをすると、飽きられてしまったりつまらない人だと思われてしまったりします。1回目のデートではカフェでお茶やランチをしたのならば、2回目はディナーや映画など、変化をつけてみましょう。

婚活デートにおいて、1回目のデートは明るい時間であることが推奨されていますが、2回目のデートはある程度信頼関係ができているのでディナータイムだったり、お酒を飲んだりするのもいいでしょう。とはいえ、あまり遅い時間は御法度です。

手ごたえが良ければ2軒目もあり

2回目のデートもまだまだお互いが緊張しているので、2時間から3時間くらいで切り上げるのがよいですが、雰囲気が盛り上がっているのならば2軒目に誘ってみるのも良いでしょう。デートに行く前にあらかじめ2軒目の候補となるお店や場所を調べておくとスマートです。

1回目のデートについて思いだしておく

1回目のデートで相手が話していた内容、来ていた服装などを良く思いだして整理してから2回目のデートに臨むようにしましょう。2回目のデートで1回目のデートでの会話を踏まえた話題をふれば、相手は自分のことに感心を持ってもらっていると感じることが出来ます。前回と同じアクセサリーをつけていたのならばお気に入りなの?ステキですねなどと言うと喜ばれます。

男性が奢ります

婚活デートにおいて1回目は男性が奢るのが基本ですが、2回目もまだ男性が奢った方は良くなります。ただし、女性がどうしても奢られるのは嫌だというのならば強硬に奢ろうとするのはやめましょう。会計でもめるのはみっともないです。

2回目のデートを失敗しないために

俺の女だというような振る舞いをしない

2回目のデートにこぎつけたことを喜ぶのは悪くありませんが、婚活において2回目のデートはまだまだお試し期間です。付き合っているわけではありません。それなのに彼氏のように振る舞ったり、過剰なスキンシップを取ろうとしたりするのは印象を悪くしてしまいます。馴れ馴れしい振る舞いにならないようにしましょう。

お店のランクを明らかに落とさない

婚活デートをする場合、男性が奢ることが推奨されています。経済的に辛い人もいるかもしれませんが、2回目のデートで1回目のデートよりもお店のランクを落とすのはおすすめしません。女性は手を抜かれたと感じやすいです。1回目のデートで無理をし過ぎないのが大切です。女性が重視するのは金額の多い少ないではなく、手抜きをされているかいないかです。

結婚に向けて深い話をし過ぎない

婚活デートなので結婚について全く触れないというのも不自然ですが、深い話をし過ぎるのも引いてしまいます。あまり質問口調にならないようにしましょう。子どもの頃は家族とどんなクリスマスを過ごしたの?兄弟とは仲良かった?などとそれとなく話を振ってみましょう。

家族の思い出や子ども時代のことを聞くと質問攻めにしなくても相手が自分から話すようになり、自然と価値観や結婚観などが見えてくることが多いです。

1回目のデートと同じ話をする

1回目のデートと同じことを聞いたり話したりすると、女性は自分に興味を持ってもらっていないのではないかと不愉快な気分になってしまいます。女性ならば誰でもいい、デートをしてくれるならば誰でもいいと思われてしまいかねません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です