このページの先頭です

婚活を成功させたい方必見!相手を夢中にさせる心理テクニック

404views

投稿日:

相手に自分の印象をよく見せる

隠れた長所を見つけ出して褒める

結婚したいと感じても、相手も同じくらい自分のことを好きでいてくれなければ、成り立ちません。まずは自分の印象をよく見せ、気に入ってもらう必要があります。スタイルが良い人は常にみんなから細身であることを褒められているので、改めて言われるようでは新鮮な喜びも感じません。

一目でわかるような部分は挙げず、敢えて隠れた長所を褒めてあげるように努めましょう。そうすることで、「この人は自分のことを理解してくれる人だ」と、よりあなたのことが気になるでしょう。この場合、外見、性格、身につけているものなど、ジャンルは問いません。さり気なく褒めてあげることで、デートの雰囲気も良い方向へ進みます。

単純接触効果を取り入れる

婚活を長く続けているけど、中々うまくいかない人必見です。人は、特定の相手とコミュニケーションの回数が増えれば増えるほど、その人に好意を持ちます。逆に言えば、連絡すら取らない相手のことに興味は持ちません。手段は何でも良いので、相手とのコミュニケーションを持続して行うようにしましょう。

そうすることで、「デートしたい。会いたい。」という気持ちもお互いに自然と芽生えます。うまくいかないなら、自分から積極的に動き、可能なら毎日でも会うようにするのが良いです。

アラフォーの方にオススメな心理テクニック

話に対して「うんうん」と頷き、相手を肯定してあげる

人は誰しも心の奥に「認められたい」という欲を潜ませています。それはアラフォーの方にも当てはまります。婚活を行う中で、中には相手からお断りにされるなど、傷つく経験も持っている方も多いことでしょう。ただ相手の話に対して「うんうん」と相槌を打ってあげるだけで良いのです。

それだけで心がホッと休まり、もっとこの人が知りたいと、気を向けてくれます。会話内容でも、頭ごなしに否定をせず、「そうだよね」「わかります」というように、柔らかいトーンで返してあげましょう。

アラフォーの方でも気軽に行える、簡単な心理テクニックです。ただし、聞き上手になり過ぎてしまうと、自分をアピールすることができないので、気をつけましょう。また、真剣に聞き過ぎてしまっても疲れるので、肩の力を抜くことも大切です。

相談という形で敢えて弱みを見せる

強い人は魅力的ですが、人によっては「近寄りがたい。自分といても楽しくないだろう」というように無意識に遠ざけてしまうケースもあります。そこで敢えて弱みを出す方法を取り入れてみましょう。相談という形で自分の悩みを会話の中にさり気なく組み入れます。相談に乗る方も、「自分に打ち明けてくれたんだ」という意識が芽生えるので、嬉しく感じることでしょう。

弱みを出すということは何もかっこ悪いことではありません。むしろ「人間らしい。親しみやすい。」と相手に思わせられます。注意点として、あまり深刻すぎる悩みを出すようでは、場合によっては引かれてしまうので気をつけましょう。こちらも年齢問わず、アラフォーの方でも行えるテクニック方法です。

知りたいことがあれば真っ先に聞かず、まずは自分から教える

婚活を行う上で色々な人に会う機会が増えると思います。最初は誰でも初対面なので、警戒心も抱きやすいです。そんなカチコチの状態で、質問を一方的に投げかけるようでは相手は心を開いてくれません。知りたいことがあればまずは自分から話すようにしましょう。そうすることで知らない人から、少し知っている人へとシフトチェンジしていけるでしょう。

警戒心も解かれ、親密度もアップするので、デメリットも特にない簡単な心理術であるということがわかります。アラフォーの方で、婚活がうまくいかないと感じている人は、独りよがりになっていることが多いです。自分から答えて、その後相手に聞くという姿勢を取りましょう。

何故上手くいかないのか、無意識に行なっているNGな行動

結婚に対して熱い気持ちがあり、何処となく重さを感じる

婚活を行うということは結婚相手を探したいから行うものであり、その気持ちは本物です。真面目な人は好かれやすいですが、「絶対結婚したい」「結婚相手に求める内容が数多くある」など熱心すぎる人は、相手から重たがられる傾向があります。なので、結婚したいと感じても、うまくいかないことが多いです。

その熱い気持ちは胸に秘め、言葉や態度には出さないようにしておきましょう。荷が重いと感じさせてしまうようでは、非常に相手は疲れます。このような傾向は、どちらかといえば、アラフォーなど年齢層が上の方に起こりやすいです。今一度自分の行動を振り返ることで、今後の婚活を更に良いものにするとよいでしょう。

婚活する上での疲れを、無意識に口に出している

「婚活しても全く良い人ができない」「よく振られる」というようにネガティブな言葉を口に出すようでは、相手に対して非常に失礼です。一緒にいても楽しい時間をシェアすることができないので、なるべくそのような言葉は口に出さないようにしましょう。また、自分を卑下する言葉を繰り返せば、相手は事実として受け取りやすいです。

デメリットしかないので、むしろ自分の良いところをアピールするようにしましょう。デートの雰囲気を壊してしまえば、次に繋げる縁はないに等しいです。婚活の疲れを言葉に出したいなら人を選んだり、日記に書くなど発散法を選ぶことが大切です。

中級者向けの心理テクニック編

ミラーリング効果を取り入れる

相手と初デートする際に効果的なテクニックです。ミラーリング効果とは、相手の行動をまるで鏡のように真似する技です。人は自分と同じ行動をしている人に非常に興味が湧きます。趣味や好きなものが似ているというように、仲間意識が芽生えやすいのです。相手が頭をかいたら自分もかく。

口元に手を当てて笑うなら自分も真似する。というように熱心に相手の動きを取り入れましょう。頻繁に真似してしまうと相手に気がつかれやすく、不信な目で見られることもあるので注意が必要です。

好意を持ってもらいたいならプレゼントを贈る

何かしてもらうと返したくなる。という心理が人には働いています。好意を持ってもらいたいなら、相手にとってメリットがあることを行うのが一番手っ取り早いです。プレゼントを貰って喜ばない人はいないでしょう。小さな贈り物でも全然大丈夫なので、相手に渡すようにしましょう。

そうすると、嬉しいという気持ちと同時に、何か返さなきゃという心理から好意が芽生えやすいです。「付き合いたい」「結婚したい」と感じるなら自分から最初に罠を仕掛けてしまいましょう。

自信過剰の人の方が婚活は成功する

婚活も回数を重ねるごとに、どっと疲れが溜まってきます。良い人に中々巡り会えない。という事実から、元々あった自信がさらになくなり、考え方もネガティブ思考に陥りやすいです。しかし、それだと悪循環にハマってしまいます。婚活はどちらかというと自信過剰な人の方が成功します。

理由として、自分のアピールポイントがわかっているからです。めげない心を持っているので、婚活が成功するまで諦めません。「どうせ自分なんか」と考えるようになったら、見方を変えることが大切です。

「運命の人と会うための試練」というように、少し変えるだけでも不思議と心がポジティブになります。時には自分を追い込みそうになる日も来るでしょう。そんな時にどれだけ自分自身をいつも通り保っていられるかが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です