このページの先頭です

アラフォー男性 アラフォー女性の婚活 応援

418views

投稿日:

婚活の年齢

2015年の調べでは、平均結婚年齢は男性31歳、女性29歳となっています。

男性が結婚したい女性の年齢は、25歳~33歳までの女性を希望する傾向があります。これは子供を持ちたいという希望があるためと思われます。一方、女性が結婚したい男性の年齢は自分の年齢を基準に考える傾向があり、男性と比べると比較的幅広い年齢を希望する傾向があります。33歳以上の女性にとって、婚活がなかなかうまくいかない理由はここにあります。

婚活の代表的な方法の一つに、婚活パーティーがありますが、参加対象年齢の制限を設けているところも多くなっています。平均的に男性は30~33歳、女性は28~30歳となっています。中には、年齢制限を男女とも40代まで引き上げている場合もありますが、アラフォー女性が参加して、疲れるだけだったという話はよく耳にします。

まずは、同世代の友人や、婚活している人、未婚、既婚問わず、いろいろと情報収集してみることで、自分に合った方法が見つかるかもしれません。無駄に嫌な思いをしないように事前の情報収集を怠らないようにしましょう。 

婚活ツール

では、アラフォー女性にとってどんな方法が合っているのでしょうか?

まず、主な例をあげてみました。

友達からの紹介

近しい友人は、自分のことをよく分かってくれています。男性の好みや、ライフスタイルなど、日ごろの会話から、あなたによく合う男性を紹介してもらえる確率は高いと思われます。ただし、デメリットはうまくいかなかった時の友人への気まずさがあります。

職場での出会い

ひと昔前は職場恋愛から結婚、寿退社なんていうのが、ステイタスだった時代もありました。現在は女性の社会進出が進み、女性が一人でも経済的に自立できるようになり、職場の男性社員を、結婚相手としてではなく、ライバルや仲間として見る傾向があるのではないでしょうか。

特に未婚のアラフォー女性は経済的に自立している人が多く、職場では管理職となり、同期の男性社員を部下にしているという人も多くなっています。社内での婚活がうまくいかない要因となっています。しかし、異性の性格、おおよその年収、趣味など、職場では自然な形での情報取集が可能です。婚活の場となり得ます。

合コン、街コン

まず、合コンと街コンの違いは、「合コン」幹事が個人、「街コン」幹事が自治体や団体ということです。合コンも街コンも不特定多数の人に出会えるというところは同じです。ただ、個人が設定している合コンよりも、自治体や団体が設定している街コンの方が、参加条件を課したり、会費を支払う必要だったりするので、比較的結婚したいと思う人達が多くなっています。

婚活サイト

婚活サイトや、マッチングサイトは出会い系である場合もあります。登録してみて、入会者が軽率な人ばかりだったという経験がある方もいるかもしれません。登録が無料だったり、審査なしで入会できたりするところは出会い系化しているサイトが多くなっています。しかし入会審査が厳しく身分証明が必要なサイトは比較的信頼がおけるのではないでしょうか。

結婚相談所

婚活サイトよりも、費用はかかりますが、信頼性はその分増すと考えてよいでしょう。いろいろ試してみて、うまくいかず最終的に「結婚相談所」という方も、サポート体制がある相談所なら、今までうまくいかなかった原因を一緒に考えてアドバイスしてくれることもあります。

2008年に「婚活」が流行語大賞候補となってからも、晩婚化は進んでいます。ただし、その分、街コンや就活サイトなど、新しいツールも生まれています。婚活は精神的に疲れてしまうこともありますが、いろいろと試し、自分に合った方法を見つけるのが成功の近道かもしれません。

アラフォー男性の婚活

一方アラフォー男性の婚活についてはどうでしょうか。2010年の国勢調査では、40歳以上の独身男性が生涯独身の確率は99%という結果が出ています。前述しましたが、男性が結婚したい女性の年齢は25~33歳。これは、子供を持ちたいという希望があるからです。しかし25歳~33歳の女性は、同年代の男性からも結婚対象となります。

アラフォー男性が25歳~33歳の女性に選ばれるには、35歳以下の男性にはない経済力や、包容力など大人の魅力が必要になります。特に経済力とは40代で子供を持ち、育てていけるだけの余裕ということになります。包容力もその延長線上にあるでしょう。そんな現状の中、アラフォー男性の婚活も、理想と現実のギャップに疲れてしまうケースが少なくありません。

しかし、医療技術が進化しています。以前は30歳以上の出産が高齢出産と呼ばれていましたが、最近は35歳以上といわれています。また、40代での出産も珍しいことではなくなっています。高齢出産にリスクはありますが、夫婦でも、親子でも家族を持つということは、どういう形であれ、安心休息できる人間関係を作るということです。

今後の生活をより良いものにするために、相談できるパートナーがあっての家族作りではないでしょうか。子供も持つということイコール35歳までの女性という固定概念を捨てることで、幸せな未来が待っているかもしれません。

出会いからゴールイン

出会ってから連絡先を交換したら、次はデートへ。しかし、ここからなかなかうまくいかないケースが多くなります。せっかく出会っても、最近主流のLineのメッセージの回数や、デートの誘い方など臆病になり過ぎても、積極的になり過ぎてもうまくいかないことがあります。

出会いから結婚まで、初デートでプロポーズとか、Lineのやり取りだけで結婚というケースもあるので、一概には言えませんが、ゴールインまでの理想的な期間は2か月、デート回数は7~8回と言われています。

それでは、婚活を成功させる条件とは何でしょうか。婚活市場が厳しく、なかなか出会えない、出会っても交際が続かない、こんなことを何度も何度も経験していると精神的に疲れきってしまいます。このまま、孤独な生活が続くのかと絶望的な気持ちにもなります。しかし、幸せな結婚生活を始めている方は確実にいます。

まずは、あきらめずに活動を続けていくことです。婚活の方法は進化しています。個人の人脈を利用する方法から、パーティーや合コン・街コン、WEBサイト、相談所など。アンテナを広げていろいろなツールを利用することで新しい出会いに繋がっていくことでしょう。

また、これだけは譲れないという条件を自分自身で認識した上で、今までの経験などの固定概念を排除し、人間としてのインスピレーションを意識することも大切ではないでしょうか。実際に婚活を経て、結婚した方から「第一印象はタイプではなかった」「初めはまったく興味がなかった」と聞くことが多いです。

恋愛対象を探しているのとは違うとは言え、人間同士の相性はファイルの条件だけでは測れないものです。実際に会ってみて、少しでも興味が持てれば次の約束をする。何度か会っているうちに、意外なところを発見し、興味が出たり、反対にマイナス要因になったり。

婚活、就活、妊活、終活など、○○活動という言葉を耳にするようになって久しいですが、どれも人生の大切な決断を意味する時に使います。悔いのない決断ができるように、アンテナを張り、情報を収集し、自分の気持ちを整理し、そして一歩ずつあきらめずに行動することで、幸せに近づいていけるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です