このページの先頭です

婚活でデートするときの服装や雰囲気、コミュニケーションのコツ

904views

投稿日:

デートでの服装や雰囲気

婚活でデートするときの服装はとても大切です。見た目というものは人の印象を左右します。人の見た目を良くする方法が服装であるといっても過言ではありません。相手の好みがさりげなく聞けるのならその格好でもよいですし、流行の洋服でも構いません。デートが楽しくなるようにするために暗い色の洋服は避けて、明るい色の洋服が良いです。

女性ならピンク色や白色、男性なら小物で色を取り入れるなどすると、見た目が華やかに見えるようになります。また一番大切なのは清潔である、ということです。洗濯をしていないようなシミがあったり、何度も着尽くしたようなシワなどが深く入っていると、このデートに気合が入っていないなと思われてしまったり、だらしない印象を与えてしまいます。

婚活でデートというとワンピースやスーツやジャケットを着用したほうが良いと思われるかもしれませんが、自分にとってハードルが高いようなら、自分に似合う洋服ということも大切になっていきます。無理をして張り切ってしまうと浮いてしまうこともあります。自分が新しい相手と会うときにどんなことが気になるか考えたとき、嫌だと思うことはしないようにしましょう。

また、婚活において雰囲気は非常に大切です。服装もその人の雰囲気を作りますが、いつも暗い顔をしていて相手の顔を見ない、笑顔もない、いつもムスっとしているなど、印象が良くないです。そのくらいの雰囲気は周囲の人へ悪影響を及ぼしてしまったり、人を寄せ付けないオーラを作ってしまいます。

男性の中で普段あまり鏡を見ないで生活をしている人は、仕事の時のように知らない間に怖い顔をしている人もいますので、注意が必要になってきます。

デートでのコミュニケーション

婚活でデートをしているときに、コミュニケーション能力があった方が良いです。ただ、すべての人にとって会話が得意というわけではありません。口下手な男性の人もいますし、おしゃべりが苦手な女性もいます。コミュニケーションが下手な人ほど、どうしたらよいか悩んでしまいますので、無理に会話を探してしまう傾向にあります。

無理に頑張りすぎてしまうので、会話の波長が合えばよいのですが、張り切りすぎて浮いてしまうことも考えられます。コミュニケーションは自分ばかり話すのではなく、相手のことを聞き入れる態度が必要です。無理に会話の内容を探さなくても、相手の話を聞くだけで時間が経過することがあります。

ただ聞いているだけではなく、時には深いうなずきを見せたり、相手の話に質問したりして会話を広げていきます。またいつも誰かが話していないといけないと思う必要もありません。時には無言になったり、静かな空気を楽しんだりなど、余裕も必要になっています。

いつもお互いが楽しくおしゃべりをしているということも理想ですが、もともと静かなカップルは無理に会話をしなくても、間が持ちますし、良い雰囲気です。コミュニケーションが下手な人ほど、焦って次の話題を探したり、頑張りすぎてしまうので変な雰囲気になってしまいます。

コミュニケーションは一見難しいように感じますが、相手の話を聞いている間に、相手のことを理解できるようになります。そうすると、相手の性格や考え方が少しずつ分かってくるようになります。焦ることなく、相手の話を聞き入れて理解度を深めていけば、もっとよいコミュニケーションが取れるようになります。

相手のことを少しずつ理解していけたなら、自分のことを少しずつ話していき、お互いの理解度を深めていけるのが理想です。最初は相手と話すことも緊張してしまう、どんなことを話していいか分からないという人も多いですが、まずはゆっくり相手の話を聞いてみるのもよいです。自分のことを話すのはそれからでも遅くはないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です