このページの先頭です

婚活デートは3回目で告白をするのがスマートでおすすめです

530views

投稿日:

告白は3回目が丁度良い

1回、2回目はまだまだお試し期間

婚活デートでは1回目、2回目をお試し期間にしている人がとても多いです。どんな人だろうか、人柄や価値観の相性は自分に合っているだろうか、この人といて楽しいだろうか、自分はこの人に好感を抱いているのだろうか、この人からは好感を抱かれているのだろうかなどということを判断する期間です。

まだ相手のことを良く知らないうちに告白をしても引かれてしまいやすいです。そして、逆に言えば3回デートをすれば相手のことはだいたい分かるということです。

デートを重ねすぎるとタイミングを失いがち

告白をしないままデートを4回、5回と重ねていると告白をするタイミングを失ってしまいがちです。今更告白ができない、だけれどもこのままなし崩しに関係を続けて行けばいいやなどと考えていると片方が愛想をつかしてしまう場合が多いです。

3回目を1つの区切りにしている人が多い

婚活はスピードも大切です。デートを3回することを一区切りにしようと考えている人が多いです。3回目のデートをしても特に進展を感じられないのだったらば、また婚活をやり直そうと考えがちです。

3回目のデートは告白をしやすい

3回もデートに応じてくれたということは告白をする勇気を後押しします。また、まだまだ新鮮さがあり、デートが盛り上がりやすいです。3回目のデートというのはとても告白をしやすい環境が整っています。

告白をする際の注意について

情熱的過ぎる告白は引かれる

告白をするというのは緊張をするものです。婚活においての告白とはプロポーズの前段階のようなものだといっても過言ではありません。しかし気持ちが高ぶってそのまま情熱的な告白をするというのはおすすめできません。いきなり豪華な花束や指輪を渡したり、まわりに大勢の人がいる中、大声で好きだと叫んだりするのは相手の人を引かせてしまいます。

過度の情熱をぶつけるのではなく、あなたのことが好きです。これからもお付き合いをしたいです。よろしくお願いします。と穏やかに、しかし、愛情を込めて伝えるのが婚活においてのスマートな告白です。

告白の前に過度なボディータッチをしない

告白をする前に雰囲気を良くしようとしてボディータッチを増やそうとする人がいますが、相手に警戒心を与えてしまいやすいので逆効果です。肩を抱き寄せる、腰に手を回すなどはまだ馴れ馴れし過ぎます。

返事を催促し過ぎない

告白をした場合、その場で返事をくれる人もいますが、全員ではありません。自分が告白をするかどうかを長い時間かけて考えたように、相手も告白を受けるかどうかを考える時間が必要です。返事をすぐ知りたい気持ちは堪えて、余裕を見せましょう。

結婚についての具体的な話をし過ぎない

婚活をしていて告白をするのですから、相手との結婚生活に思いをよせるのは当然のことです。しかし、まだデートを3回しただけなので、告白をしたからといって結婚式の規模や子どもの人数、家の購入などについて話を進めるのは早すぎます。いずれすり合わせていかなければならない問題ではありますが、告白した直後に話すような内容ではありません。

人生計画に相手がぴったりだから告白をしたのではなく、相手の人柄に好感を持ったから告白をしていのだと告げましょう。

1回目、2回目のデート中も好意を示す

3回目に告白をするとしても、1回目、2回目のデートもそれとなく好意を示しておくことが大切です。でないと、相手はいきなり告白をされたと感じます。本当に自分のことを好きなのかという自信を持ちにくいです。何を考えているのか分からない人という評価を下されてしまう可能性もあります。

笑顔を見せる、デートをしてくれて嬉しいことを伝えるなど、最初からそれとなく好意を伝えておくことが3回目のデートでの告白の成功率を高めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です