このページの先頭です

婚活でうまくデートをしながら交際につなげていくコツ

799views

投稿日:

1回目のデート

婚活でお付き合いに進むためにはデートをすることが必須です。連絡を上手に取ることから始まって、デートをする約束にたどり着き、気持ちが通じ合えばお付き合いにつなげることができます。婚活における1回目のデートはとても大切です。

普段の生活の中でうまく出会うことができる人は、次に会う約束を取らなくても、生活の中でまた会うチャンスもありますが、婚活ですとここで次回につなげることをしないと終わってしまいます。女性の中には常に受け身の人がいて、男性に自分の気持ちをうまくアピールできない人がいたり、その1回では気持ちをうまく表現できない人もいます。

また、男性の中には女性との距離感がわからないで、ガツガツ行ってしまう人や反対に話し下手ということで何も話さない人もいます。

あまりに難しく考えると常に緊張している感じが伝わってしまったり、楽しくない雰囲気になってしまいますので、自然体でいることも大切ですが、まずは自分が相手に興味があるのなら、自分の気持ちを少し大げさにアピールするくらいの方が伝わりやすいのかもしれません。

婚活をしている人は訳あって今まで自分の生活の中でうまく相手を見つけられなかった人が多く、基本的に恋愛があまり上手でない人が多いです。ここで変に遠慮してしまったり、緊張してしまうとせっかくの機会がもったいないです。相手にできるだけわかるように伝わるようにしないと、恋愛に鈍感な相手には感じにくいのです。

アピールする方も最初は戸惑いや躊躇することも多く、恥ずかしく感じることもあります。しかしながら、普段の生活の中ではない出会いなのですから、多少嫌なことになったりフラれることになっても次回は会うことはありません。ですから、ここは次回につなげたいと思っている相手なら、自分のできる限りでアピールしたり、気持ちを伝える努力をしてみましょう。

要は相手に自分が好意を持っているということが伝わればよいのです。たとえばもし恋愛に疲れている相手なら、自分のことをストレートに思ってくれる相手を大切にするかもしれないし、思ってくれるということで悪い気は起こらないのです。

2回目のデート

2回目のデートは1回目のデートとは違って、少しだけ相手を知った状態です。3回目のデートに進むと一般的にお付き合いにつながると考えている人もいます。しかしながら、デートの回数にそこまでこだわる必要もなく、相手との気持ちがつながったときにお付き合いになればよいのです。

基本的に相手とお付き合いしたい気持ちがあるのなら積極的にアピールする姿勢があってよいです。もし2回目のデートで相手のことがまだわからない、もっと知りたいと思うなら、デートの回数だけをどんどん増やしていっても構いません。婚活を真面目にしている人の中には、自分の中の凝り固まった考えの中だけで動いている人もいます。柔軟に対応していく姿勢も必要です。

ただ、お付き合いにはタイミングも必要です。相手との気持ちのタイミングがうまくあったときが、お付き合いに結びつきやすいのは事実です。ですから、2回目のデートはお茶や食事だけでなく、映画や買い物、レジャースポットに向かうと、相手のことがよくわかるかもしれません。お付き合いはお互いが楽しく思えることが大切です。

レジャースポットは普段している会話とは違う会話や見たことがない一面を見ることができる機会が多いです。せっかく努力して婚活をしているのですから、少ないチャンスでお付き合いに結び付けたいものです。

常にアピールする気持ちを忘れないで、なるべく次回があるような楽しいデートをできるようにしていくことが大切です。やがて緊張がとけてリラックスできて、お互い笑顔で時間を過ごせるようになれるとよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です