このページの先頭です

会話が苦手な人が婚活初デートで心がけるべきことについて

454views

投稿日:

会話が苦手でも婚活はできます

 

会話が苦手なのは珍しくない

婚活をしている人で会話を苦手としている人はそれほど珍しくありません。むしろ、会話が上手ならばわざわざ婚活などせずとも結婚相手を見つけることができている場合が多いです。婚活がうまくいかない、デートが盛り上がらない、むしろデートのことを考えただけで気が重いのを会話が苦手であることのせいにしていては何も始まりません。

会話が苦手だと宣言してかまいません

婚活でデートをするとき、会話が苦手であると思っているのならば、最初に相手へ自分は会話が苦手ですと言ってしまいましょう。そうすることで、緊張をほどき、たとえ言葉が巧みでなかったとしても、自分の素直な気持ちを相手へ伝えやすくなります。

面白い話をし続ける必要はありません

友達同士や恋人同士、あるいは家族であっても休みなく面白い話をし続けて笑い続けている人間などいません。婚活デートだからといって面白おかしい話をし続ける必要はまったくありません。むしろ、沈黙を息苦しく感じない相手は人生の伴侶としておすすめです。

話を聞くことはとても大切

婚活デートにおいて、何を話すべきか、ということと同じくらいに、あるいはそれ以上に大切なのが相手は何を言っているかです。自分の話を熱心に聞いてくれる人は好感を抱かれやすいです。自分がどう話すかばかりに気をとらわれずに、相手が何をいっているのかについて耳を澄ませましょう。

会話が苦手であることに甘えてはダメ

苦手宣言をしたら良いというわけではない

話すことが苦手ならば相手に苦手だと伝えてしまって全く問題ありません。しかし、苦手だからといって頑張らなくていいわけではありません。自分は苦手だからと相手に全て会話をリードさせているようでは次のデートには繋がらないでしょう。

初デートでお金の話はしない

婚活において、経済状況、お金の使い方などはとても大切な要素です。ここを抜きに結婚へは進めません。しかし、初デートでストレートにお金の質問やお金の話題ばかりをするのはおすすめできません。お金のことは気になることですし、具体的な話がしやすいですが、初デートでするには重すぎますし、深すぎます。

勤め先やおおよその年収についてはプロフィールを見れば分かることです。デートをしたという時点で最低ランクはクリアしているはずです。細かいお金の話はもう少し仲が深まってからするようにしましょう。

初デートで結婚観についても論じない

子どもは何人欲しいか、マイホームは一軒家かマンションか、同居の可能性はあるか、専業主婦を希望するかなどの結婚生活についても婚活をする以上気になることですが、初デートでする話題ではありません。出会ったばかりで重すぎます。どんなデートに憧れているのか程度にしておくようにしましょう。

会話のネタは最低限用意しておきましょう

会話が苦手だという自覚があるのならばなおさら、デートの前にいくつかの会話のネタについては仕入れておくようにしましょう。カフェでデートをするのならばおすすめのメニューや近くのデートスポットなどについてくらいは調べておくようにしましょう。

ある程度話すネタを考えておけば、会話はスムーズになりやすいです。

自分への評価を求めすぎない

自分が相手からどう思われているのかは婚活デートにおいてとても気になるところです。しかし、自分のことをどう思っているのか、次もデートしていいと思っているのか、気に入ってくれているのかなどと聞くのはとても失礼です。相手から好感を持ってもらっていると分かってから自分の態度を決めようとする姿勢そのものが卑怯で、相手からの評価を下げてしまいます。

相手からどう思われているのかを聞こうとする前に、自分が相手のことをどう思っているのかについて言うようにしましょう。ロマンチックな表現である必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です