このページの先頭です

婚活デートで告白したい!告白を成功させるための5つのポイント

581views

投稿日:

告白を成功させたいならリスクを受け入れる勇気が必要になる

婚活デートで告白を成功させるためには、リスクを恐れない勇気が必要になります。婚活がうまくいかないとどうしても守りの姿勢に入ってしまい、気を遣ってしまいがちです。自分の行動に自身がもてなくなると疲れがたまりやすくなり、婚活自体がうまくいかない原因になるのです。

結婚したいと思うのであれば、ある程度の失敗は織り込んだ上で婚活に挑むのが重要です。失敗した経験が全くないと相手を見る目が養われず、年齢だけを重ねる結果になりかねません。

アラフォーが目前であれば、一般的な人よりも恋愛に関する経験が少ないことを自覚し、経験から多くのことを学んでいく必要があります。そのためには、5つのポイントをおさえた上で、婚活デートを重ねていくことが大切です。まず、基本となる2つのポイントを紹介します。

  • 恋愛になれていないのは相手も同じだからこそ安心感を与える
  • 完璧なデートを目指すよりも相手の気持ちを優先する

まず、婚活に参加する人は恋愛自体になれていないことが多く、相手も恋愛経験が少ないケースが多くなります。不安に思うことが多いからこそ、思っていることをしっかりと口にし、余計な疑念を与えないようにします。

好意を素直に伝えることも大切で、相手に安心感を与えるポイントになります。好きと言葉で伝えるのと、付き合う、結婚するは別の話になるため、積極的に好意を伝え、自分を良く思ってもらった方がプラスになります。

また、デートプランを完璧に練ろうとする人もいますが、不測の事態で崩れてしまうケースもあります。プランを優先して相手の都合を考えずに行動すると、デートは失敗してしまいます。同じように相手に完璧を求めれば窮屈になることを理解し、相談しながら代案を考えるなど、柔軟さを見せることも大切なのです。

雰囲気作りがデート成功のコツ

デートで気疲れをしてしまう人は多く、本領を発揮出来ない人もいます。しかし、気を遣うということは自分が未熟であるか、相手を信用していないということでもあります。また、最初から相性が悪いのに無理にあわせようとすると、やはり疲れがたまります。告白を成功させるためにも相手との相性を確かめながら会話を進め、雰囲気作りをしていくことが必要です。

ポイントは3つあります。

  • 自分を良く見せるよりも相手を知る努力をする
  • 嘘をついて誤魔化すよりも、誠実に情報を提示する
  • 人間は勘違いをする生き物だということを理解する

結婚したいという気持ちがあると、どうしても自分を良く見せようと考えがちです。しかし、自分を良く見せようとした結果、相手の気持ちを無視してしまうケースは多いのです。相手には相手の価値観があり、基準も異なります。自分が良いと思ったことでも、相手にとってあまり重要ではない場合もあるのです。

かえって逆効果になる可能性があることも踏まえ、まずは相手を知る努力をする必要があります。相手と会話をあわせながら好みを知れば、デートプランなどの修正もしやすくなるでしょう。一度期間をおいてデートをやり直し、より確実に告白を成功させるチャンスをうかがった方がいいこともあります。

また、結婚したいと思って不利な情報を隠す人もいますが、後で嘘をついていたことがわかるとマイナス印象になります。アラフォーで結婚してから再出発となると、さらにハードルが高くなるでしょう。不利な情報を早めに提示することで、信頼関係を深めることが出来る場合もあります。不利になるとわかっていても、正しい情報を提示することも大切になるのです。

そして、自分が嫌われていると思っていても、実際に告白すると成功するケースもあります。自分の思い込みでチャンスを逃す人は珍しくないのです。一度告白して玉砕しても、次のデートやタイミングをうかがってプロポーズをすれば成功する可能性もあります。

人間は勘違いする生き物であり、勘違いすることがあるのは相手も一緒です。熱意をもって接すれば告白の成功率も上がります。失敗を恐れずに自信をもって告白することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です